おのみち体操教室  会員募集は中止しています。

あなたのお子さんは逆上がりができますか?

縄跳びができますか?

こんな悩みありませんか?

  • 転んだときに手が出ないで顔から突っ込む。
  • 肥満気味であったり、なんでもないようなことで怪我をする。
  • 縄跳びができない。
  • 逆上がりができない。

これらの悩みを解決できると思います。

 1.体が小さな幼児期から楽しく運動する習慣を身に付けさせてください。
   私たちはマット運動、跳び箱、鉄棒、トランポリンなどを使って体力づくりのお手伝
   いをさせていただきます。

 2.出来なかったことが出来るようになることで小さな達成感が生まれ、何事にも積極的
   に取り組むようになります。
   小さな成功体験が後の人生に大きな影響を与えます。

 3.器械体操は、イメージが大切です。イメージ力は右脳の領域です。
   学校での勉強は左脳を鍛える方法が主流ですが、器械体操をすることにより右脳の開発
   も出来ます。


活動内容

      

尾道市を中心としてその周辺にお住まいのお子様を対象とした、こども体操教室です。
小高い山の上に位置する体操教室で交通の便は良くありませんが、駐車場はたくさんありますので多くのお子様に参加して頂ければ嬉しいです。

おのみち体操教室では、マット・跳び箱・鉄棒・トランポリンなどを利用する器械体操を中心とした練習の中で、挨拶や返事、マナーなどの指導を行い、お子様の心と体の健全な成長を促すことを目的としています。
また、器械体操を体験することで、将来の体操選手を目指す子供たちの発掘にも力を入れています。

コース:体力づくりコース

レッスン日:第1・2・3木曜日 ※月3回レッスン・年間36回。 

             レッスンスケジュールをご確認ください。

レッスン時間: 18:00~18:50 

対  象:小学1年生~小学3年生の男女。
      

※新規会員募集は中止しています。       

今後体操教室への参加ご希望の方は「みはら体操教室」をご検討下さい。
みはら体操教室のご案内。

○費用:
 入会金:1,080円(入会時)
 年会費:2,160円(当該年度の3月まで有効)
 月会費:5,400円
     
 そ の 他
 ●スポーツ安全保険に加入していただきます。
 ●ユニフォームとして女子はレオタード、男子はTシャツをレッスン時に着用していただきます。
 ●教材を購入していただきます。

 おのみち体操教室の退会を希望する場合は、退会希望日の2か月前までに退会届を提出して下さい。

  退会届はこちらからダウンロードして下さい。

よくあるご質問

  • Q.運動が苦手ですが大丈夫でしょうか?

    A.大丈夫です。個人差はありますが、週1回でも同じ動作を繰り返すことで運動能力が培われ複雑な動きも出来るようになります。
    幼少期の方が効果があります。
  • Q.体が弱くよく病気をするのですが。

    A.免疫力も体力のうちです。体力が強くなれば免疫力も向上し病気になり肉お体になります。
  • Q.運動が好きでじっとしていないのですが。
     集中力も無いように思えるのですが。

    A.思いっきり体を動かすことでストレス発散にもなり、また新しい運動を経験することで目的意識が芽生え体操選手を目指すお子さんも出てきます。
    集中できないのは、興味がわかないからだと思います。
    また、生まれつき集中が苦手なお子さんもいますが、マイナス点ととらえるのではなく、そのお子さんの良いところを伸ばしてあげる指導を心がけています。

 

 まとめ

驚かないで下さい!!
みんな普通の子ですよ。

体操のレッスンを見学される方がありますが、見学されて驚かれる方がいらっしゃいます。
特に幼児のコースを見てレベルが高いと思われるようです。
そして、わが子はこんな難しいことは無理と判断されて入会を断念される方がいらっしゃるようです。

お母さん、間違っていますよ。
今レッスンしているこどもたちはみんな普通の子ですよ。
最初はみんな何も出来ない状態から始まっているのです。
私たちは子供たちの持っている可能性を引き出すお手伝いをしているのです。
お母さんがあなたのお子様の可能性を知らないだけなのですよ。

お母さんがこの子にはとても無理だと決め付けるとそのお子さんはそれ以上は伸びないのですよ。

私たちが知っている子供たちの持っている可能性と、お母さんが思っている子供たちの持っている可能性にはギャップがあるのです。

私たちのレッスンに参加されることでそのギャップを埋めることが出来ますよ。
そして、私たちの想像を越える子供たちの可能性にも出会えるチャンスが生まれるのです。

どうかお子様の可能性を信じてあげてください。