運動中に最大限のエネルギーを燃やす

 

スポーツ栄養学のポイント

体づくり

エネルギー供給とエネルギー燃焼

最小限の疲労と回復

運動中に発生する活性酸素対策

ウェイトコントロール

 

特定非営利活動法人
青竜スポーツクラブ

事務局

〒723−0014
広島県三原市城町1丁目
     13−18−902
電話/FAX 
        0848-31-3587
Eメール
sugagym@npo-seiryou.com
URL
http://npo-seiryou.com

 

 
エネルギー源となる栄養素

運動をする時に必要なエネルギーは、糖分(ブドウ糖)を燃焼(酸化)させてエネルギーとして使う方法と、脂肪を燃焼(酸素)させてエネルギーを発生させる方法があります。

無酸素運動の場合は、糖分(ブドウ糖)を燃焼させてエネルギーを発生させます。

有酸素運動の場合には、脂肪を燃焼させてエネルギーを発生させます。

体操競技の場合は、主に無酸素運動が多いので、糖分によるエネルギーが必要です。
肝臓に蓄えられている「グリコーゲン(複合炭水化物)」もエネルギー源で、これが切れると疲労の原因になります。エネルギー補給には炭水化物をしっかり摂る必要があります。

 

「朝練」は前の日に蓄積した「グリコーゲン」を消耗させるだけで、「疲労を蓄積」する最悪パターンと言えます。
これを防ぐためスポーツ選手はスポーツ開始の2時間半前に高炭水化物を取る必要があります。
しかしこれは厳しい練習に明け暮れる選手には不可能に近いことでしょう。
「朝練」は論外として一般的にスポーツの前30分及び運動中は、吸収率のよい炭水化物(糖質)を30分ごとに15〜30g摂る事が効果的です。

 

 

運動で失われるエネルギーの補給

疲労を出来るだけ少なくする

 

練習中もエネルギー補給をして疲労を出来るだけ少なくすることが大切です。
蜂蜜にレモンをつけたものを食べながら練習したことをおぼえています。
水分補給と一緒にエネルギー補給が出来れば良いでしょう。

 

 

疲労回復

疲労の原因は

  

運動中の炭水化物の不足
乳酸の蓄積 

乳酸は無酸素運動で発生する(酸欠状態)
燃える酸素はあっても燃やす栄養素が不足することで活性酸素が大量に発生する。
乳酸の蓄積は疲労の原因になります。
この乳酸をエネルギーに変換するためにはビタミンB群が必要です。

発汗による水分とビタミンミネラルの不足

 

    疲労回復を図るには

 

運動中に炭水化物・水分・失われたミネラル・ビタミンの補給をする。
運動中は食事をとることは出来ないのでスポーツドリンクなどを利用する。
運動後は、乳酸の処理をするため、ビタミンB1,B2.B6.パントテン酸などのビタミンが必要です。
ビタミンBやCも疲労回復に必要な栄養素ですから、レモン汁や蜂蜜入りホットレモン、フレッシュジュースで作ったゼリーなどもいいでしょう。
試合や合宿後の疲労回復には消化の良いシチューや鍋物が最適です。

 

血液中の血糖値の安定

一般のスポーツドリンクはショ糖(精製された砂糖)が多いため、これを飲むと血糖値が上がり、インスリンが急上昇、その後血糖値とインスリンが急低下して疲労に原因になります。
一般のスポーツドリンクは避けた方が賢明です。 
本来のスポーツドリンクは、果糖(果物に含まれる)が望ましく、直接小腸から肝臓に運ばれブドウ糖に替わるためインスリンの値を上げずにグリコーゲン(ブドウ糖から)を蓄えることが出来るからです。

 

サプリメントに関する質問・相談メールは ⇒

 

 

スポーツマンの栄養に戻る

 

運動中に発生する活性酸素対策